真夜中の雑談 VOL.137

キーワードは5つ

■雑談1.『インチキ情報にダマされない教養を身につけるコツ。』

→「人生で一度だけでいいから〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇を

  きちんと習得することがまず大前提。」

■雑談2.『今からYouTubeで勝負できるコンテンツとは?』

→「あくまでも捨て身とも言える〇〇〇への挑戦が勝つための肝になる。」

■雑談3.『将来の成功を邪魔するマウンティング野郎との関わり方。』

→「成功したいのであれば〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇を絶対にやらずに

  それを死ぬまで習慣化すること。」

■雑談4.『ジャック・デリダの思想に触れよう。』

→「脱構築のスタートラインは、

  〇〇〇〇〇を外してゼロベースで考えようということ。」

■雑談5.『千田さんが学生時代に大切にされていた教訓。』

→「自分で〇〇〇〇して、その〇〇〇〇した選択肢を正解にしたほうがいい。」

【次号のご相談を一部ご紹介!】
(2022年3月15日発売、真夜中の雑談VOL.138より)

◇宮城県在住 / 20代女性◇
将来文筆家を目指しています。千田さんはサラリーマン時代から本を出されていましたが、
できれば1冊目を生み出された時のエピソードを詳しく教えていただけないでしょうか。
処女作にはその作家のすべてが込められている、とはよく聞きますが、
1冊目で意識されていたこと、軋轢、苦労されたこと、どんなことでも結構ですので知りたいです。
ちなみに私は千田本をコンプリートしており、予備知識は万全だと自負しています。
千田さんと同じく東北大学を卒業して現在某県庁で勤務しており、
仕事以外の時間は執筆に割くことができますし、その覚悟もあります。
よろしくお願いします。
 
VOL137

真夜中の雑談 VOL.137 (VOL137)

販売価格(税込)
¥2,000
再ダウンロード有効期間(日数)無期限
ファイル名VOL137.mp3
公開日20220301
バージョン1.0
制作「真夜中の雑談」運営部