真夜中の雑談 VOL.127

キーワードは6つ

■雑談1.『人生のステージはいつ決まる?』

→「厳しいけれど大切な人で、まだ間に合う人にも伝えて欲しいんだけれど、

  〇代で人生のステージはもう決まります!」

■雑談2.『仕事ができない上司の下での働き方。』

→「上司を上手に利用して、〇〇〇〇〇〇〇〇して、

  自分はレベルアップしていけばいい。」

■雑談3.『今まで彼女ができたことがないと悩んでいるあなたへ。』

→「心理的、精神的な話なんだけど、〇〇〇〇との関係を良好にしておく。」

■雑談4.『人生を好転させるきっかけとは?』

→「〇〇〇〇〇と別のコースを歩んだということは

  大きな幸運が舞い込んでくるチャンス。」

■雑談5.『“勘違いし続けること”と“分を弁えること”は、どちらが大切?』 

→「勘違いは必ずある程度必要であって、勘違いの〇〇〇〇〇〇〇が才能である。」

■雑談6.『“地元の国立大学”と“都会の私立大学”、将来にとって良い進路とは?』

→「MARCH関関同立に進学した人間と地元の岐阜大学に進学した人間を思い浮かべてみると、

  〇〇〇〇〇〇に進学した人間の方がしっかりとした人生を歩んでいる。」

【次号のご相談を一部ご紹介!】
(2021年10月15日発売、真夜中の雑談VOL.128より)

◇岩手県在住 / 50代男性◇
定年目前でリストラされました。これまで企業戦士として全人生を捧げてきたために、
呆然としてしばらく何もやる気がしませんでした。
しかしふと我に返ると蓄えもそれなりにあり、
この先贅沢をしなければ一生働かなくても生きていける事実に気づかされました。
現在では自由を満喫してこれまでにやりたかったけどできなかったことに
片っ端から取り組んでいます。ところが幸せなはずなのに、どこか虚しさが生じてきて、
それが日に日に蓄積されてきて、「いっそのこと、この世から消えてしまいたい…」
という衝動に駆られるようになりました。
千田さんは私よりも随分先に自由を満喫されておられる、
悠々自適な人生を送っておられるかと思いますが、
千田さんにとって価値のある自由とは何ですか。

VOL127

真夜中の雑談 VOL.127 (VOL127)

販売価格(税込)
¥2,000
再ダウンロード有効期間(日数)無期限
ファイル名VOL127.mp3
公開日20211001
バージョン1.0
制作「真夜中の雑談」運営部