真夜中の雑談 VOL.103

キーワードは5つ

■雑談1.『変化に強い人になるためには?』

→「普段からスタートはどんな〇〇〇〇〇〇でもいいから変化を楽しんでおく。」

■雑談2.『嫉妬している人と嫉妬されている人。』

→「嫉妬している側というのは自分で〇〇〇〇〇〇〇。

  嫉妬されている側というのは嫉妬されていることが〇〇〇〇〇〇〇。」

■雑談3.『頭の良い人たちは、なぜどのような仕事も淡々とこなすのか?』

→「受験の勝ち組の高学歴の人たちがつまらなさそうな仕事でも

  淡々とできるのは、それは〇〇〇〇〇〇〇〇〇があるから。」

■雑談4.『時代と共に移り行く言葉。』
→「『〇〇〇〇〇』はおススメだね。

  どんな職業の人でも必ずプロなら気づかされることがたくさんある。」

■雑談5.『女性が結婚相手に求める究極のホンネとは? 』

→「各分野で〇〇〇〇〇〇〇〇にランクインしている

  雄の子供を産みたいというのが雌のホンネ。」

【次号のご相談を一部ご紹介!】
(2020年10月15日発売、真夜中の雑談VOL.104より)

◇山口県在住 / 30代女性◇
現在某役所で働いています。同じ部や課に京大卒や九大卒のエリートがいますが、
彼らは人と話をする際になかなか目を合わせようとしません。
たまに目を閉じることすらあり、びっくりします。
別に悪いことをやっているわけでもないのに不思議です。ちなみにそれは私だけではなく、
周囲も同じ感想を持っているようです。彼らは頭を使う仕事を任されていますが、
やはり抜群に仕事はできるようです。別にコミュ障というわけでもありません。
一体なぜ人と目を合わせて話そうとしないのでしょうか。
何か秘密がありそうです。千田さん、お願いします。

VOL103

真夜中の雑談 VOL.103 (VOL103)

販売価格(税込)
¥2,000
再ダウンロード有効期間(日数)無期限
ファイル名VOL103.mp3
公開日20201001
バージョン1.0
制作「真夜中の雑談」運営部